2019年12月13日に閣議決定された補正予算案に、65歳以上の高齢運転者による対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。

1.サポカー補助金について

65歳以上の高齢運転者が、対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等をする際の補助を行う「サポカー補助金」が令和元年度補正予算案に盛り込まれました。
「サポカー補助金」は、安全運転サポート車の導入等を促進することで、高齢運転者の安全対策を行うことを目的として補助金を交付するものです。

2.補助の対象について

サポカー購入補助(新車・中古車)

●補助対象車両
①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ、②ペダル踏み間違い急発進等抑制装置を搭載する車であって、以下の要件のいずれかを満たすもの
イ ①及び②を搭載する車
ロ ①を搭載する車

●補助対象者
令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者*

●補助額
イ:①及び②を搭載する車:登録車10万円、軽自動車7万円、中古車4万円
ロ:①を搭載する車:登録車6万円、軽自動車3万円、中古車2万円

後付け装置購入補助

●補助対象装置
後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置

●補助対象者
令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者に装置を販売する事業者

●補助額
障害物検知機能付=4万円、障害物検知機能なし=2万円

2.サポカー補助金に関するホームページ

次世代自動車振興センター