ストップペダル

STOPペダルとは?

STOPペダルは、ナンキ工業(埼玉県川口市)の南平次さんという方によってによって開発され、特許取得している安全運転補助装置です。
各車に適合するように加工を行い、車種別の部品としてキット化したものを販売をさせていただいております。

万が一、アクセルをとブレーキを踏み間違えた際、アクセルの出力を抑えるのと同時に、特殊なリンクで接合されているブレーキが作動することによって事故を防止、軽減することが出来るシステムです。

現在主流のサポートカーにも匹敵する予防安全装置が「STOPペダル」です。

今乗っている車の安全性能を高めたい!

そうお考えの高齢ドライバーはもちろん、タクシーや配送車両など業務用車両にもオススメの商品です。

STOPペダル作動のご説明

どのような時に有効か?
STOPペダル、ストップペダル車はアクセルを踏めば加速し、ブレーキを踏めば停止する非常に便利な乗り物ですが、一歩間違えると凶器にもなってしまいます。
誤ってアクセルをブレーキのように踏んでしまった際、車は当然急加速して大きな事故につながるケースも少なくありません。

STOPペダルを搭載すれば、万が一の踏み間違いの際に音と光でお知らせすると同時に、アクセルの出力を制御し、アクセルを踏んでいない状態まで戻し、更に特殊な機構(特許取得済み)で連結しているブレーキを作動させて安全に停止させるという仕組みになっています。

踏んでいるのはアクセルです!
STOPペダル、ストップペダル当社にご依頼いただいたお客様で、踏み間違いをした経験のある方に、お話聞かせていただくと「ブレーキを踏んでいるのに効かなかった」とか「ブレーキが壊れた」などというお話がよく出ます。
もちろんブレーキに異常が発生する事も考えられますが、ブレーキは車検及び定期点検でも最重点項目として位置づけられており、毎日お車に乗る前にも点検が推奨されていますので、ブレーキの異常ではなく別の原因であることが多いです。
アクセルとブレーキを間違えていることに気づいていない方がほとんどです。
「踏んでいるのに止まらない」という事象が発生してしまいます。
STOPペダルは通常、アクセルが動く範囲は確保しながらそれ以上に踏んでしまった事を想定し、余分な「踏み込むスペース」を作ることでアクセルを「ベタ踏み」以上に踏んでしまった場合にのみ作動するシステムになっています。

» STOPペダルに関する「よくあるご質問」はこちら